人間の感覚とは不思議なもので、温泉と温水プールとでは、上がった後の気分がかなり違う。

 温水プールから出たあとは、シャワーを浴びてボディシャンプーで身体をきれいに洗ってから服を着る。洗わないと、とっても気持ちが悪いし、汚い気がしてしまう。

 ところが温泉となると、なぜかそんなことはない。特に山奥の秘湯などの場合、洗い場のないところさえある。(つまりそういう温泉では、石鹸を使ってはいけないこともある。)だからお湯にたっぷり浸かったあとも、せいぜい上がり湯をかけるくらいで、身体は洗わない。鉄分が多いために茶色く濁った温泉であっても、たとえ泥の交じった温泉であっても、別にあまり汚いとは思わないから不思議なものだ。

 ・・・ってことで、キタナイとキレイは、気分の問題の場合が結構あるってことかな。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

(昔novelist.jpに載せたエッセイより再掲載)


だんだん良くなっていく、だんだん良くなっていく。