テレビのコマーシャルの中にはとても面白いものが多い。最近のものでは、サラリーマンらしき男の人が、食堂か居酒屋のようなところで、「いつものやつ、お願いします。」(この通りのセリフだったかどうか、定かではないが、こんな内容)と言うのだけれど、通じない。実はその店に行ったのはまだ2回目だとその男の人があとから言うというもの。

この「いつものやつ」っていうのは、私もなんとなくかっこいいなあと思うわけで、こんな注文が出来る行きつけの店があったらいいと思うけれど、そもそも私はほとんど外食をしないので、それは無理というものだ。

私が行きつけとしている店といえば、スーパーと美容室くらいだ。

美容室は同じところにかれこれ8年位行っている。美容師さんは結構移動が多いので、担当の人は時々変わるけれど、最近やってもらっている人は、2年位になるのでだいぶ慣れてきた。それで、3カ月くらい前、髪を切ってもらうときに、特にどこをどうしてほしいと言わずに、

「いつも通りに切って下さい。」と言ってみた。

その結果・・・・・いつも通りにはならなかった。

2回目ではダメなのはもちろんだけれども、2年でもダメだった。


そして今日はまたその美容室に行ってきた。いつも担当してくれる人がいなかったので、別の人がやってくれた。ここをこうして、ああして・・・・と希望を簡単に言ってからカットしてもらったら、初めて担当してもらったのに、完璧に希望通りにしてくれた。

ということで、やっぱりコミュニケーションは大事という結論に到達。


あこがれの(笑)「いつものやつ」は、なかなか使えないものなんだなぁ~~。

だんだん良くなっていく、だんだん良くなっていく。